ドラクエ6(DS)〜専業主夫のレトロゲームレビュー

ゲーム

ひまを持て余した専業主夫・ほーちゃんの

レトロゲームレビューのコーナーです。

今回はDS版ドラゴンクエスト6をプレイしたそうです。

ごろり
ごろり

よろしくね、ほーちゃん!

ほーちゃん
ほーちゃん

あいよ!

ネタバレを含みますのでご注意ください。

スポンサーリンク

ドラクエ6 基本情報

ドラゴンクエストⅥ〜幻の大地

1995年にスーパーファミコン用RPGとして発売。

日本国内での売り上げは約320万本、スーパーファミコン用ソフトとしては歴代3位(すごい

2010年にはニンテンドーDS版、2015年にはスマートフォン版(iOS、Android)が発売。

ほーちゃん
ほーちゃん

今回僕がプレイしたのはDS版です。

ドラクエ6 ストーリー

主人公は山奥の村ライフコッドで妹のターニアと2人暮らしをしている青年。

ある日、村長の依頼で年に一度の村祭りに必要な道具を麓の町まで取りに行くことになるが、その道中で大地に開いた大穴に落ちてしまい別の世界へ行く。その世界では自分を認識してもらえない奇妙な体験をし、元の世界に戻りライフコッドで話を聞くと、その世界が「幻の大地」であると判明する。その後の村祭りで精霊のお告げがあり、主人公は旅立ちを決意する。旅の道中では主人公と同じ境遇の仲間と行動を共にし、それぞれ本当の自分自身を見つける、所謂「自分探しの旅」をする。

大地に空いた大穴、もう一つの世界、大魔王の存在が次第に明らかになり、世界の平和を取り戻すために魔王の討伐のためにはざまの世界へ入っていく。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88VI_%E5%B9%BB%E3%81%AE%E5%A4%A7%E5%9C%B0#%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC
ほーちゃん
ほーちゃん

ちょっとストーリーは説明するのが難しいですが、いわゆる「パラレルワールド」のおはなしです。

ドラクエ6 システム

ゲームシステムは、ターン制コマンドバトル。歴代ドラクエ作品と同じです。

ほーちゃん
ほーちゃん

ターン制だから安心してできるのは、ドラクエシリーズ通じてのいいところ!

DS版ドラクエ6 総合評価

DS版ドラクエ6の総合評価は、星4つです!!!!

詳しく解説していきますね。

DS版ドラクエ6 良い・楽しいポイント

ほーちゃん
ほーちゃん

それではまず、良かった・楽しかった点を挙げていきます!

自由度の高いキャラ育成システム

ドラクエ6には職業システムがあり、職業につくことで特技と呪文を覚えることができます。

特技と呪文は転職しても忘れることはありません!

これによって、職業に縛られず自由度の高いキャラ育成が可能です!

魔法使いタイプに、MPを消費しないわざを覚えさせたり

戦士タイプに、回復を覚えてさせて道中回復してもらったり

脳筋は脳筋、魔法使いは魔法使いでしかなかった過去作と比べ

自分好みにカスタマイズできることが画期的でした!

ほーちゃん
ほーちゃん

特に「スーパースター」がMP消費なしでいろいろできる万能職業でした〜(神!

たくさんの仲間を連れていける

ドラクエ6では、バトルメンバー4人、馬車4人(控え)の合計8人をパーティーとして連れて行けます。

フィールド上やターン開始時に、バトルメンバーと馬車メンバーを入れ替え可能なので

敵や状況に合わせて戦闘スタイルを変えつつ、臨機応変にバトルができます。

ただし、洞窟などの狭い場所では馬車メンバーを連れて行けないこともあります…。

ほーちゃん
ほーちゃん

全体回復をすると、馬車メンバーも回復するのが超便利!

キャラクターが魅力的

これは好みの問題でもありますが、ドラクエ6は魅力的なキャラがたくさん!

爽やか主人公、頼れる脳筋ハッサン、イケメンのテリー

クールビューティーのミレーユ、ミニスカ美少女バーバラなどなど…

キャラごとのストーリーもそれぞれあり、エンディングではとても感慨深くなります。

ほーちゃん
ほーちゃん

ちなみにミレーユかバーバラだと、僕はバーバラ派です!

HP少ないけど頑張って一緒に戦ったのはいい思い出…

ドラクエ6 悪い・がっかりポイント

ほーちゃん
ほーちゃん

逆にちょっと微妙だった・がっかりしたポイントもあげていきます。

スーファミ版から仲間にできるモンスターが減った

僕は子供のころにも、このドラクエ6スーパーファミコン版をプレイしました。

スーファミ版はいろんな種類のモンスターを仲間にできたのですが、

DS版ではなんと、スライム系しか仲間にできなかったのです!!

これは結構ショックでした。もっといろいろ連れて行きたかったのに…。

なぜそこを変えてしまったのか、プレイし終わったいまでもちょっと疑問です。

ほーちゃん
ほーちゃん

スーファミ版で僕が好きだったのが、キラーマシン2。

見た目がかっこよくて好きだったんだけどな〜

バトル&ステータスの顔アップ画像がいまいち

好みの問題ですが、バトル中やステータス表示画面のキャラ画像がどのキャラも微妙で

なんかちょっとテンション下がってしまいました…。

ほーちゃん
ほーちゃん

ここは完全に好みの問題なので、あまり気にしないでください〜。

全体の感想

ドラクエシリーズといえば、日本を代表するRPG。

全体を通しておもしろかったのは間違いないです。

ドラクエ6から職業システムが導入されたので、最初に転職するときのワクワク感がたまりませんでした。

忘れたころに、またイチからプレイしたいくらいの気持ちです!

ほーちゃん
ほーちゃん

最後までご覧いただきありがとうございました〜!

コメント

タイトルとURLをコピーしました