【攻略】Return of the Obra Dinn(オブラディン号の帰還) 全乗客・乗員の身元、死因特定ガイド

ゲーム

ミステリーアドベンチャーゲーム・「Return of the Obra Dinn(オブラディン号の帰還)」の攻略ガイドです。

全乗客・乗員の身元と死因を、しっかり推理しながら特定する方法を掲載しています。

※随時更新予定

時は1802年。200トン以上の交易品を積んだ商船「オブラ・ディン号」が、ロンドンから東方に向けて出港した。その6か月後、同船は予定されていた喜望峰への到達を果たさず、消息不明扱いとなった。 そして今日、1807年10月14日早朝のこと。オブラ・ディン号は突然、ファルマス港に姿を現す。帆は損傷し、船員の姿も見えない。これを受け、東インド会社ロンドン本社所属の保険調査官が、ただちにファルマス港に派遣された。同船内を直接調べ、損害査定書を作成するために――。 「Return of the Obra Dinn」は、探索と論理的推理で展開する、一人称視点の謎解きミステリーアドベンチャーゲームである。

Nintendo Switch|ダウンロード購入|Return of the Obra Dinn

第5章、第6章はこちら

第7章以降はこちら

スポンサーリンク

第1章「崩れた積荷」

サミュエル・ピーターズ(甲板員/圧殺・荷物)

ピーターズ兄弟の兄。大柄で屈強そうな彼も、上から落ちてきた荷物の重量には耐えられなかった。

弟のネイサンとは、スケッチを見るかぎり仲よさげ。

身元の特定方法

難易度3。兄弟をしぼりこむまでは順調だが、そのあとの決め手がないのでけっこう難しい。

①第7章(破滅)その1・会話をチェック

最初のヒントは、第7章(破滅)その1の会話から。

どうやら崩れた積荷で死亡した人物には、弟がいたようだ。

名簿をチェックすると、同じファミリーネームはネイサン・ピーターズとサミュエル・ピーターズのふたりだけ。

つまり死亡した人物はネイサンもしくはサミュエルである。

②第2章(死に至る病)その1・シーンをチェック

問題はここから。どっちがどっちなのか、これといった決め手が全くない

甲板員or檣楼員の身元チェックで困ったときは、第2章その1のハンモックシーンをチェックしよう。※ハンモックの番号と名簿の番号は一致しているほか、乗員の私物もチェックできるので身元の判別がしやすい

ピーターズ兄弟に関する手がかりはひとつ。

このハンモックシーンより前に死亡しているのは、全乗客・乗員のうちピーターズ兄弟のどちらかだけ、ということだ。

つまり、ここにハンモック番号がない人物=死亡した人物、と結びつけができそう。

ネイサンが48番、サミュエルが60番なので、片方でもハンモック番号が確認できれば、消去法でもう片方が死亡した兄と分かるのだ

しかし、そうカンタンに特定できないのが難易度3。

背景に溶け込んでてハンモック番号が見えない人たちがいるのである。くそぅ。

そして嫌がらせのように48番も60番も見当たらないので、さらに別な手がかりを当たることに。

③第7章(破滅)その2・シーンをチェック

最終的な確定は、第2のハンモックシーンである第7章その2。

このシーンもハンモックがたくさんあるのでチェックすると、しっかり48番発見!

つまりこの時点で、48番のネイサンは生きていることになる!ヨッシャー!

よって60番が死亡した兄のサミュエル、というわけ。ムズイ。

【余談】兄弟という事実が判明した時点で二択なわけだから、名前を入れ換えて正解することもゲームシステム上は可能。ただ、それじゃ味気ないよね…。

死因の特定方法

死因はけっこう明白。圧殺→荷物でOK。

首がグキっとやられちゃってて、かなり痛々しいデス…。

第2章「死に至る病」

ソロマン・サイド(甲板員/病死)

インド人甲板員。序盤に死んでしまうので登場回数は少ないが、彼の死亡シーンは乗員たちの身元特定に役立つ重要ポイント。

身元の特定方法

難易度1。死亡シーンではっきりサイドと呼びかけられているため分かりやすい。

死因の特定方法

死亡シーンのみだと死因がハッキリしないため、次シーンで死亡するレンフレッド・ラージューブと合わせて解こう。

①第2章(死に至る病)その2・会話をチェック

第2章その2の会話をチェックすると、このシーンで診察を受けている人物以外にもう一人、肺病にかかった人がいることが分かる。

このシーンより前の出来事といえば、崩れた積荷の事件か、ソロマン・サイドの死亡のどちらかである。

サイドは自分のハンモックでわりと穏やかに(?)亡くなったようなので、病死と考えるのが自然。

レンフレッド・ラージューブ(甲板員/病死)

インド人甲板員。序盤に死んでしまうので印象が薄い。

身元の特定方法

難易度1。ソロマン・サイドとセットで特定可能。

①第2章(死に至る病)その1・シーンをチェック

ひとつ前のソロマン・サイドの死亡シーンをチェック。

ここでサイドが寝ていることにより、ハンモック番号が名簿の番号と一致していることがうかがえる。

横のハンモックを観察すると、ちょっとダルそうな乗員が一名。

フォーカスすれば、診療所で病死した人物であることが確認できる。

彼のハンモック番号は51番なので、名簿をチェックしてレンフレッド・ラージューブと特定。

死因の特定方法

死因はカンタン。死亡シーンと会話をチェックすれば病死であろうことがうかがえる。

第3章「殺人」

ヌーツィオ・パスクア(乗客/殺害・ナイフ)

イタリア人乗客。二等航海士が悪事を働いている現場に遭遇し、口封じのため殺害された。

スケッチではバイオリンを弾いているので、職業は音楽家のようである。

身元の特定方法

難易度1。次のシーンで殺人の被害者として名前を挙げられているので特定可能。

死因の特定方法

死因も結構カンタン。凶器がナイフであることの確認がしづらいが、

  • 手のひらで確認できないサイズのエモノが凶器であること
  • 殺害シーンで銃声が聞こえないこと

以上の状況証拠から、まあナイフが妥当であろうという推理になる。

ラウ・ホクセン(乗客/射殺・銃)

フォルモサ(台湾)王族の護衛。無実の罪を着せられ銃殺刑になった。

顔がおもしろい。

ラウ・ホクセン渾身の真顔。

身元の特定方法

難易度1。殺害シーンで名前を呼ばれているので楽勝。

死因の特定方法

死因自体はカンタン。銃殺刑に処す、と宣言されているし。

問題は、誰が殺したのか

命令を下したのは船長なので、船長が殺したという解釈もできるけど、別に船長が銃を撃ったわけではないのでちょっと違和感。

そうなるとやはり、殺したのはこの発砲している4人のうちだれか、ということになる。

4人いっせいに銃を撃っているので分かりづらいが、犯人特定のためにはじっくり見る必要がある。

結果、後ろから見て一番左のヤツの弾しか当たってないことが判明w

よって殺害したのはニット帽をかぶったこの男、ということになる。

ティモシー・ブーテメント(檣楼員/射殺・銃)

檣楼員。二等航海士の暴挙を止めようとしたが、問答無用で射殺された。

身元の特定方法

難易度3。残留思念が2つしかなく、序盤で死亡するのでヒントを見落としがち。

①第2章(死に至る病)その1・シーンをチェック

この人物の死亡シーンをよくよくチェックすると、彼の右腕には特徴的なタトゥーがあることがわかる。

これをヒントに、ハンモック番号が分かる第2章(死に至る病)その1を探索。

いたぞー!お前は37番だ!

ということで、ティモシー・ブーテメントと特定できる。タトゥーに気づけるかどうかがポイント。

死因の特定方法

死因は明白。射殺→銃でOK。

【余談】ティモシー・ブーテメントの死体は、一等航海士の船室にぶら下がっている足からたどれる。射殺後、死体はずっと船のわきにぶら下がっており、4年の月日を経て足の骨だけ残ったとみられる。第3章の残留思念をたどる手がかりとして残っているのは分かるが、誰にも気づいてもらえないのはちょっとカワイソウ…。

第4章「出現」

パトリック・オヘーガン(甲板員/殺害・槍)

アイルランド出身の甲板員。二等航海士付き司厨手とは同郷のためか、仲がよさそう。

身元の特定方法

名前を呼ばれているが、ある程度絞りこみが必要なので難易度2。

①第4章(出現)その3・会話をチェック

次シーンの会話をチェックすると、オヘーガンと呼ばれる人物がいることが分かる。

つまりこのボートに乗った8人のうち、誰かがオヘーガンなのである。

②オヘーガンはどれ?第4章のシーンを徹底チェック

名前を呼ばれてるから分かるやろ、ラッキー!と思ったのもつかの間、

ほとんどの人が身元の手がかりがないので、どれがオヘーガンかさっぱり分からないw

もう少し、オヘーガンを呼んでいる会話を探ってみよう。

オヘーガンを呼んでいるのはこの人物。そして彼はオヘーガンに生きているか?と聞いていることがポイント。

つまり彼は、オヘーガンの生死が確認できないポジションにいたことになる。

いま一度、第4章その1とその2のシーンをチェックすると

オヘーガンを呼んだ人物が、彼と同じ船に乗っている人たちの生死を確認できる状況であることが見てとれるので、

結果オヘーガンは、反対の船に乗っているだれかということになる。

③名前を呼ばれているのに消去法なオヘーガン

こちらの船に乗っている人物のうち、エドワード・ニコルズとリム・ブンランはあっさり特定可能なので、

最終的なオヘーガン候補はこの二人のどちらか、ということになる。

そして前に座っているパイプおじさんは、アレクセイ・トポロフということがパイプから分かるので

消去法で後ろがパトリック・オヘーガンというわけ。

死因の特定方法

死因はわりと分かりやすい。

オヘーガンの首に刺さったエモノがトゲより長いこと、怪物のモーションが明らかにやり投げなことから

殺害(槍)でOK。

リム・ブンラン(乗客/殺害・爪)

フォルモサ(台湾)の王族。二等航海士に奪われることとなった、謎の箱を持ち込んだ張本人。

身元の特定方法

難易度1。いたるところで名前を呼ばれているので、難易度1の中でもかなりカンタン。

死因の特定方法

死亡シーンではすでにぐったりしているため、死因がイマイチ分からない。

前後関係をしっかりチェックしよう。

①第4章(出現)その3・シーンをチェック

ひとつ前のシーンに戻ると

ありゃー、これはなかなかグロい…。

一見怪物に食べられているようにも見えるけど、よくよく見ると爪でのど元をやられていることが分かる。

よって殺害(爪)で特定完了!

シア・イトベン(乗客/焼死)

フォルモサ(台湾)の王族。リム・ブンランをさまづけしているので、お付きの人っぽいかんじ。

身元の特定方法

①第4章(出現)その2・会話をチェック

怪物が現れたシーン(第4章・その2)の会話をチェックすると、リム・ブンランに「ベン!」と呼ばれているのが分かる。

名簿でフォルモサ国籍の乗客をチェックすると、シア・イトベンなる人物を発見。

他のふたりはベンのかけらもないので、この人物がシア・イトベンだろうと推測できる。

死因の特定方法

ストーリー中、一番ナゾの死因。

イトベンが手を箱につっこんだところ

右手がナゾの光につつまれ

最終的に手が骨になって死亡。

ドユコト??????

これはもう、なんとなくの推理でいくしかない。

私の場合は、手が燃えて骨になり死亡したようにみえたので、焼死と入力したところ見事正解できた。

ほかにも毒殺(毒で手が溶けて骨になり死亡)感電死(電気で手が骨になり?死亡)でも正解っぽい。原理はよくわからないけど。

エドワード・ニコルズ(二等航海士/射殺・銃)

二等航海士。殺人、窃盗、人質をとってオブラディン号から逃走など、やりたい放題のクソ野郎。

一緒に逃走した部下を見殺しにしたあげく、ひとりでのうのうとオブラディン号に帰ってくるあたり、すがすがしいまでのクズ。

身元の特定方法

難易度1。いたるところで名前を呼ばれているので、特定はカンタン。

死因の特定方法

死因もカンタン。オブラディン号に帰ってきたところを、銃でドカンと一発。自業自得だね。

アレクセイ・トポロフ(甲板員/溺死)

ロシア人甲板員。ギャンブルとタバコが大好き(推測)。

身元の特定方法

①第4章(出現)その1・シーンをチェック

この人物の特徴は、つねにパイプをくわえている点である。

逃走中ですらくわえているのだから、よっぽどタバコ好きで大事にしているものと思われる。

②第2章(死に至る病)その1・シーンをチェック

パイプを手がかりに、甲板員&檣楼員たちのハンモックシーンをチェックすると

あった!パイプの入ったカバンがかけてあるのを発見!

きちんとハンモック番号も確認できるので、この人物は47番と特定できる。

死因の特定方法

明確な死亡が確認できないため、失踪扱いとなっている。死因はある程度推測でいくしかない。

①第4章(出現)その3・シーンをチェック

アレクセイ・トポロフが最後に確認できるシーン(第4章その3)をチェックすると、

海中から出てきた怪物の手らしきモノによって、海にひきずりこまれているようだ。

このあと生きている可能性は限りなく低いので、死んだ前提で推測。

まあ一番ありそうな死因は溺死かな、との考えで溺死(怪物)を入力して正解できた。

他には船外への転落死でもいけそう。後日調査しておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました