#1【考察】Return of the Obra Dinn(オブラディン号の帰還)なぜ積荷は崩れたのか?

ゲーム

ミステリーアドベンチャーゲーム・「Return of the Obra Dinn(オブラディン号の帰還)」の気になるポイントを、細かく考察しています。

今回は第1章のできごとをいろいろと。

時は1802年。200トン以上の交易品を積んだ商船「オブラ・ディン号」が、ロンドンから東方に向けて出港した。その6か月後、同船は予定されていた喜望峰への到達を果たさず、消息不明扱いとなった。 そして今日、1807年10月14日早朝のこと。オブラ・ディン号は突然、ファルマス港に姿を現す。帆は損傷し、船員の姿も見えない。これを受け、東インド会社ロンドン本社所属の保険調査官が、ただちにファルマス港に派遣された。同船内を直接調べ、損害査定書を作成するために――。 「Return of the Obra Dinn」は、探索と論理的推理で展開する、一人称視点の謎解きミステリーアドベンチャーゲームである。

Nintendo Switch|ダウンロード購入|Return of the Obra Dinn
スポンサーリンク

第1章「崩れた積荷」

あらすじ

  1. 積荷の搬入作業中、昇降機の故障により荷物が落下、下敷きになった甲板員1名が死亡。
  2. 積荷にまぎれていた身元不明の密航者が、荷物の落下により圧死。

死亡者・失踪者

死亡者は2名、失踪者はなし。

身元・死因の特定方法についてはこちら

【考察】なぜ積荷は崩れたのか?

明らかに事故っぽいこのシーンですが、すべての出来事には理由がある!ハズ。

なぜ積荷は崩れてしまったのか、を考察。

昇降機のロープが経年劣化で痛んでいた説

一番ありそう、だけど一番(つまら)ない説。

まず以下の会話から、昇降機のロープが原因で積荷が崩れたことがうかがえる(第7章その1)。

ロープも消耗品だろうし、使ってりゃそのうち傷むよね。

予想外に傷んでいれば、積荷の重さに耐えきれず…という筋書き、かなりありそう。

しかし、私はその可能性はかなり低いと考えており

理由は、この事故がイギリスを出航してすぐ起こっているから。

オブラディン号はロンドンから喜望峰(南アフリカ)まで、約半年かけて航海する予定だった。なかなかの長旅である。

そんな長旅の前に、大事な船の設備をおろそかにして出航するかね?というのが私のそぼくな疑問。

ロープが経年劣化してるなら、出航前に取り替えそうなもんだよね。

しかも事故が起こったのはイギリスを出航してわりとすぐなので、船はかなり万全な状態だったハズ。

そこでいきなり昇降機のロープが経年劣化で切れちゃいました〜hahahaは、ちょっと考えづらいなあと。

なによりこれが単なる事故じゃつまらないので、この説は99%ないことにしておこう。

性悪なサルがいたずらをした説

完全に憶測のみで成り立っている説。

物語の終盤、ヘンリー・エバンズ(医師)のペットであるサルの死にざまが見れるのだが、このサルの説明がどうも気になる。

ポイントは、性悪な面もあったペットのサルという記述。

このサル、一体なにをもって性悪と言われているのかが、ストーリ見たかぎり全く読み取れないんだよね…。

そこで無理やりこじつけた結果が、積荷が崩れた原因はサルがロープにいたずらをしたためという説。

完全に憶測なので、物的証拠はもちろんゼロ。崩れた積荷のシーンにもサルがいる気配なし。

ひょっとしたらサルにとってはとんだ濡れ衣かもしれない。ごめんよサル…。

密航者が積荷にまぎれていたため重量オーバーした説

私が一番推したい説。だって積荷の搬入作業に置いて、イレギュラーな出来事これしかないもん。

密航者がひそんでいたタルは、もともと大して重くない荷物が入っていたけど

そこに密航者がもぐり込んだことで、想定より重くなってしまったのではないかと考察。

それをうっかり積んでしまって重量オーバー、ロープが耐えきれず切れちゃいました、的なね。

積み込んだ人は、これちょっと重いな〜とか思ったかもしれないけれど

タルに何が入ってるか書いてあるワケでもないし、いちいち把握してないよねきっと。

密航者が入ったタルは誰にも気づかれず倉庫に放置されてたあたり、大したものではなかったと思われ。

【余談】密航者が入ったこのタルは、甲板長用倉庫から発見。きっと甲板での仕事で使う道具か、甲板長の私物が入っていたに違いない。

【考察】密航者は一体何者なのか?

崩れた積荷で死亡した密航者は、ゲームシステム上サミュエルの残留思念を見るためのキッカケとして存在している。

航海中に亡くなった人の死体は、誰であろうと海に捨てられるようなので

サミュエルの死体も同じく捨てられたと推測。

このシーンで捨てられた死体の中には、乗客であるフォルモサ(台湾)の王族も含まれていた。下っ端だろうと王族だろうと、航海中に亡くなった人は容赦なく海に捨てられる模様。

そうなると同じタイミングで死んだ人がおらず、サミュエルの死の真相をたどることが不可能になってしまう。

そこで登場するのが、身元不明の密航者。

密航者なので、気づかれないまま死体がタルに放置されてたのもうなずけるし

積荷が崩れた原因でもある(かもしれない)ので、サミュエルと同じタイミングで死んだ設定にも納得。

【考察】なぜネイサンは、サミュエルを殺したのがデンマーク野郎だと思ったのか?

崩れた積荷の件は、誰がどうみても明らかに事故だけど

逆恨みなのか、そうは思っていなさそうなのがサミュエルの弟・ネイサン。

このデンマーク野郎の名前はラーズ・リンデ、崩れた積荷の現場だとここにいます。

ネイサンはこの様子を上から見ており、

あの位置からだとラーズ・リンデがやらかしたように見えたのかなと。

ラーズ・リンデが密航者入りタルを置いたのか?とも考えたけど、位置が逆なのでそれはなさそう。

なんにせよ、のちのち逆恨みでネイサンに撲殺されるラーズ・リンデもとんだとばっちりですわ。

【余談】殺すほど恨んでたわりに、ネイサンとラーズ・リンデは結構一緒にいる場面が多い。ハンモックも隣だし。よく分からない。

考察まとめ

以上の考察を含め、再度崩れた積荷のストーリーを整理してみる。

  1. 密航者がタルに隠れたオブラディン号に侵入
  2. 積荷の搬入作業中、そうとは知らず密航者入りのタルが昇降機に積み込み完了
  3. 密航者のせいで重くなった積荷により、昇降機のロープが切れる
  4. 積荷が落下、サミュエル・ピーターズが死亡
  5. 密航者も崩れた積荷とともにタルの中で死亡
  6. ネイサン・ピーターズ、積荷が崩れたのは近くにいたラーズ・リンデのせいだと逆恨み

やっぱりこれがしっくりくるかな。

よし、これにて第1章「崩れた積荷」の考察は完!

コメント

タイトルとURLをコピーしました