#2【考察】Return of the Obra Dinn(オブラディン号の帰還)死に至る病の謎

ゲーム

ミステリーアドベンチャーゲーム・「Return of the Obra Dinn(オブラディン号の帰還)」の考察です。

#2は第2章で突如発生した死に至る病について。

時は1802年。200トン以上の交易品を積んだ商船「オブラ・ディン号」が、ロンドンから東方に向けて出港した。その6か月後、同船は予定されていた喜望峰への到達を果たさず、消息不明扱いとなった。 そして今日、1807年10月14日早朝のこと。オブラ・ディン号は突然、ファルマス港に姿を現す。帆は損傷し、船員の姿も見えない。これを受け、東インド会社ロンドン本社所属の保険調査官が、ただちにファルマス港に派遣された。同船内を直接調べ、損害査定書を作成するために――。 「Return of the Obra Dinn」は、探索と論理的推理で展開する、一人称視点の謎解きミステリーアドベンチャーゲームである。

Nintendo Switch|ダウンロード購入|Return of the Obra Dinn
スポンサーリンク

第2章「死に至る病」

あらすじ

  1. インド人甲板員1名が、肺病で死亡
  2. 後を追うように、同じ病で別のインド人甲板員1名も死亡
  3. 家畜牛、食用に処理され死亡

死亡者・失踪者

死亡者は3名?(うち1名は牛)。失踪者はなし。

身元・死因の特定方法はこちら

【考察】死に至る病の謎と正体

第2章の気になるポイントはやはり、タイトルでもある死に至る病の正体がなんなのか、ということ。

この章だけ明らかにほかの章と異質だし、なんかモヤっとする。

いろんな観点から死に至る病を考察してみたよ。

死に至る病のポイント整理

まずは死に至る病について、分かっていることを整理。

  • 死に至る病の原因は肺病(結核ではない)
  • 死亡したのはインド人甲板員2名
  • 死亡した2名以外は健康なので、伝染病ではない
  • 寒さで症状が悪化したと思われる

ほとんどが第2章その2の会話からの情報。これをもとに考察してみる。

結核ではない肺病ってなに?

船医の診察によると、死に至る病の原因はどうやら肺の病気らしい。しかし結核ではないとのこと。

結核はヒト型結核菌(Mycobacterium tuberculosis)によって引き起こされる感染症で、伝染性が高く空気感染します。結核は最も高い頻度で肺に発症しますが、リンパ節、骨、脳、臓器や眼など他のあらゆる部位でも発症する可能性があります。結核は毎年世界中で約150万人もの命を奪っている深刻な病気です(1)。結核に感染しても活動性結核へと発病するまでは症状がありません。

結核とは – QuantiFERON Japan

産業革命(18〜19世紀)によるイギリス繁栄の影で、劣悪な生活環境や過酷な労働環境から、労働者たちの間では結核が大流行していた。「オブラディン号の帰還」の舞台も1800年代前半のイギリス。おそらく結核は当時、不治の流行り病として恐れられていたに違いない。

じゃあこの死に至る病ってなんだろう。

いろいろ調べてみた結果、一番近いのは肺炎じゃないかなとの結論。

主に細菌やウイルスに感染することにより、肺の中を通る気管支のさらに先にある肺胞という部位が炎症を起こす病気。風邪と似た症状だが、呼吸困難や入院が必要になるほど重症化することもあるので、注意が必要。薬剤やアレルギーが原因となることもある。

肺炎とは(症状・原因・治療など)|ドクターズ・ファイル

医療の発達した現代でも、重症化すると死亡するケースもある肺炎。

まして2世紀も昔、しかも医療設備の限られた船の上じゃ、悪化すればほぼ助からなかったんではなかろうか。

肺炎という推測が、ただの憶測じゃないというちょっとした証拠もあるよ。

高熱や胸の痛み、激しい咳、息切れ、呼吸時に「ゼーゼー」「ヒューヒュー」といった音がする喘鳴(ぜんめい)と呼ばれる症状が主として現れる。重症になると呼吸が速くなったり、呼吸困難になって、酸素吸入が必要になるケースもある。

肺炎とは(症状・原因・治療など)|ドクターズ・ファイル

肺炎にかかると、主な症状として激しい咳や呼吸困難になるらしい。

それをふまえて第2章その1の会話音声を聞いてみると

すごく苦しそうな「ゼーゼー」という呼吸音に加え、ゴホゴホと咳き込む声が聞こえるのだ(おそらく死亡したソロマン・サイドのもの)。

肺炎の症状に近しいよなあ…。

その2でも死亡したレンフレッド・ラージューブが咳き込んでいるし、彼らの死因は肺炎で間違いないだろう。

【考察】死亡した2名はどこで肺炎になったのか?

では死亡した2名はどのタイミングで肺炎にかかったのだろうか。

#1の考察でも書いたけど、オブラディン号は半年間の長旅を予定していたので、

乗船前から病気だったってのはないと思う。健康管理あますぎやろw

ということは、航海の途中で肺炎にかかったことになる。

ちなみに肺炎の主な原因は、細菌感染によるものがほとんどだそうで。とくに免疫力が低下していると発症しやすいようだ。

感染の原因としては、高齢である、他の疾患にかかってしまった、などの理由で身体の免疫力が低下し、肺にまで病原体が侵入して、感染するケースが多いようです。とくに、かぜやインフルエンザにかかり、ウイルスによって気管が傷つけられてしまうと、病原体を体外に排出できず、肺炎にかかりやすくなってしまいます。

気をつけたい感染症 「肺炎」

猿がウイルスを持っていた説

#1から性懲りも無く、猿に元凶をなすりつけてみる。性悪の根拠はこれだ、と。

まあ挙げといてなんだけど、かなり可能性は低いと思う。

そもそも死亡した二人と猿の接点なんてゲーム上見当たらないし、

性悪って性格が悪いっていう意味だから、ウイルスを持ってることと関係ないよね(猿がウイルス持ってる自覚があって、わざとうつしたんであれば話は別だけど)。

よってこの説はソッコウ却下でございますw

密航者がウイルスを持っていた説

病死したソロマン・サイド、レンフレッド・ラージューブは序盤の第2章で死亡するので、登場は死亡シーンのみか?と思いがちなんだけど

実は二人とも、第1章でしっかり登場している。

まさかのふたり並んで、仲良くタル運び。これは偶然なのか…?

そういえばこのシーン、ひとつイレギュラーな存在がいたよね。

そう、タルに隠れてた密航者である。

この密航者が実は肺炎の原因なのでは?と、私は考えている。

密航者ルートで肺炎になった経緯はこう↓

  1. 肺炎の原因をもった密航者がタルの中で圧死
  2. 密航者入りのタルはそのまま甲板長用倉庫へ運ばれる
  3. 密航者入りタルを運んだのはおそらく、その場で作業していた甲板員(病死した2名含む)
  4. タルを運んだときにウイルスをもらった???

病死したふたりが仲良くタル運びしていることといい、密航者というイレギュラーな存在がいたことといい、どうにも偶然とは考えづらいのよね。

だからこのふたつを結びつけると、密航者がウイルスを持っていた説が結構しっくりくる。

【考察】なぜ死亡したのはインド人2名だけだったのか

しかし密航者がウイルスを持っていた説を推すと、ひとつ腑に落ちないことがある。

タル入り密航者が圧死したとき、病死したインド人2名以外にも甲板員はいたのに、なぜ彼らはピンピンしているのか、ということだ。

崩れた積荷や圧死してしまったサミュエル・ピーターズの死体の片付けをしたのは、おそらくこのとき貨物甲板で作業をしていた彼らだろう。(後から責任者である甲板長や助手は合流したかも?)

彼ら全員、直接倉庫に運んではいなくとも、他の乗員より密航者入りタルと濃厚接触している可能性が高い。

しかし病気にかかって死亡したのはインド人2名のみ。これってちょっと不思議だよね。

【補足】インド人2名がタルを直接倉庫に運んだので最濃厚接触者、と言われればそれまでなんだけど、なにぶん証拠がない。あと、一番倉庫に出入りするであろう甲板長はなんで大丈夫なの?という疑問が生まれるので、誰がタルを倉庫に運んだかは考えないものとする。

この疑問についても、ゲーム内で分かる事実をもとにある仮説を立ててみた。

「結核ではないが… この寒さで悪化したかと」

診察した船医のセリフを思い出してほしい。

肺の病気が死に至るまで悪化したのには、どうやら寒さも原因のひとつらしい。

そういえば、病死したのってふたりともインド人だったよね。インド人って明らかに寒さに弱そうだよね。

ひょっとして病死した2名がふたりともインド人だったのって、寒さ耐性が低くて免疫弱っちゃったせいなんじゃないかな?

  • 密航者が肺炎の原因となるウイルスを持っていた
  • 崩れた積荷事件で貨物甲板にいた甲板員(+倉庫に一番出入りするであろう甲板長)、密航者入りタルと濃厚接触でウイルスをもらう
  • そのうち発症して死亡したのはインド人2名、なぜなら寒さ耐性が低くて免疫が弱っていたから

つまり彼ら以外の甲板員と甲板長は、国籍の観点でみると寒さ耐性があったということになる。

インド人2名以外をチェックしてみる。

タルを転がす彼はアレクセイ・トポロフ。ロシア人なので、寒さに強くないわけがない。

崩れた積荷を間近で見てビックリしてるのはアレクサンダー・ブース。イングランド国籍である。

あまりイメージはないが、イングランドは北海道よりも緯度が高いため、意外と寒い。

まあロシアほどではないだろうけど、間違いなくインド人よりは寒さ耐性あるだろうね。アレクサンダー・ブース裸ジャケットやし。

奥で作業中なのはハマドウ・ディオム。国籍はシエラレオネである。

シエラレオネは西アフリカの小さな国らしい。ん、アフリカ??

あんまりシエラレオネの気候を知らないので調べてみたのがこちら。

フリータウンでは、雨季は暖かく、本曇り、乾季は暑く、一部曇り、年間を通じて蒸し暑くです。 1 年を通して、気温は 23°Cから 30°Cに変化しますが、21°C 未満または 31°C を超えることは滅多にありません。

フリータウン、シエラレオネにおける年間の平均的な気候

年間通してとっても過ごしやすそうな気候。これは…寒さにも暑さにも強くなさそうである…。

ムムム、私の仮説が最後の最後で崩れてしまった…。

あ、あれだよきっと。ハマドウ・ディオムは寒さとか関係なく免疫つよかったのよ!

【余談】ちなみに甲板長はオーストリア人。山岳地帯のため夏は涼しく冬は北海道より寒い厳寒らしい。めちゃ寒さに強そう。故郷の山岳地帯を捨て海の男になった甲板長であった。

ソロマン・サイド、スモーカー説

なんか悔しいので、もうひとつだけ仮説を主張させていただきたい。

その名も、ソロマン・サイド、喫煙により健康を害して免疫弱っていた説。

スケッチに書かれているソロマン・サイドにご注目。

口元に右手をあてているこの様子、タバコ吸ってるように見えるのは気のせいかな?

船上の宴をスケッチしたものなので、酒を飲んでいるともとれるんだけど、そうであればこのマバのように、手からジョッキが見えるはずなんだよね。

他の人のジョッキを見ても分かるように、結構大きいサイズである。

だからこのソロマン・サイドの手元はタバコを吸っていると思うんだよね。もしくはジョッキの取っ手を手前にしてめちゃくちゃ飲みづらい飲み方しているかw

肺の病気と喫煙に因果関係があるのは言わずもがななので

ソロマン・サイドはウイルスの原因との濃厚接触、寒さ、喫煙のトリプルコンボでお亡くなりになったのではとの見解です。

レンフレッド・ラージューブの喫煙に関しては知らない。

考察まとめ

以上をふまえて、第2章のおさらい!

  • 乗員2名が死に至った病の正体は肺炎
  • おそらく原因は第1章で死亡した密航者
  • 死に至るほど悪化したのは、寒さのせい
  • ひょっとしたら喫煙も関連しているかも?

寒さで悪化した→インド人は寒さに弱いから、という仮説まではなかなかよかったと思うんだけど

シエラレオネ人のせいでその説もちょっと根拠が弱くなってしまったな…。

個人的に、オブラディン号の帰還で一、二を争うほど考え抜いた仮説をこうしてブログに書けたのは嬉しい限り。

コメント

  1. 通りすがり より:

    通りすがりの者です!
    考察の続き楽しみに待ってます((⊂(;∩`ω´∩;)⊃))✨

    • gorory より:

      ありがとうございます!!とても励みになります!!
      亀更新ですが気長にお待ちいただけると嬉しいです(*・ω・)ノ

      • 通りすがりのすみこ より:

        わー!お返事ありがとうございます((⊂(;∩`ω´∩;)⊃))
        最近クリアして考察を漁りまくっておりますが、何故肺炎にかかったのか、なぜ積荷が崩れたのか、ラーズ・リンデが疑われたのか..私はそんな視点を持ち合わせていなかったので、こちらの記事を読んで何だか新しい扉が開かれた気分です✨
        ぜひ最後まで考察見たいです(*╹▽╹*)
        更新をゆるりとお待ちしておりますね✨

        • gorory より:

          こちらこそ、コメントいただいたのは初めてだったのでとても嬉しいです!
          私の場合いろいろ考えすぎな気もしますが…そう言っていただけると書いてよかったなぁと思います^^

          考察の補足として攻略も書いているのでノロノロペースですが、最後までがんばります!

タイトルとURLをコピーしました